CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
今夜、すベてのバーで (講談社文庫)
今夜、すベてのバーで (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
中島 らも
アルコール中毒と診断された小島容の入院から退院までの話。
小島容の刹那的な思想と現実への冷ややかな視線を通し、身の回りの出来事を観察する。限りなくノンフィクションに近いフィクションであり、これ以後の彼の作品、エッセイのコアとなる作品である。書評ではない。お薦めだ!
とにかく、一読されたい。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
四戦目
12.22(木)

暗い密室の中は、思ったよりもじめじめしていなかった。与えられる言葉を全て受け入れようと思った。

東口には、夥しい人が歩いている。それぞれが他者に無関心であることを当然のように振舞っている。自分以外は、全てetc...

「新人ですから」

この言葉をギャグとして使ってしまうほど、この僕はもう、十分に老け顔だ。損なことは一つもない。みんな確実に皺を増やしていくのだから。
僕が放つ言葉は、建前を意識していなければ、本音をも意識していない。特に酩酊に裏付けられている時は、全てを相手に委ねるだろう。でも、僕はちゃんと覚えている。うん、ちゃんと覚えているよ。
僕が躓いてしまったら、僕はそれまでの男だったと思ってくれればいい。草葉の陰から哂っておくれ。権力を武器に僕を潰そうしたって構わない。寧ろ大いに歓迎だ。だって、僕は、自分で道を探すから。
こんな前向きな考え方をさせてくれる環境は、僕にとっては大変ありがたい。目の前を閉ざす後退性を僕は知っている。それを軽々しく言ってしまう人の愚かさも、僕は知っている。ほら吹きが時代を動かすことも、僕は知っている。
笑い者になったって構わないんだ。
それでも笑ってくれる人がいるのなら。
| 雑組 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
謝辞
お祝いの言葉を下さった皆様ありがとうございます。
特にGREEにはほとんど出現しないし、ほとんど手付かずの鉄くずだったので非常に感激しました。

こんなやっこさんを今後ともよろしくお願いいたします。

一人一人の返信に変えて…
| 雑組 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
That's the way it goes.
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー

先輩に薦められて、僕は本当に久しぶりにハードカバーの本を買った。

正直僕は、こういうのは苦手だ。

僕はきっと感情移入しやすい人間なんだと思う。僕がこぞって、所謂古い文学者の作品を読むのは、実はこのような作品のソフトなタッチによって自分の感情が起伏してしまうのが、恐いからなのかもしれない。
ラッシュの電車の、騒々しい静寂が僕を物語に引きつける。混み合う人の群れの中で、孤独な僕は完全に文章に魅せられ、埋没していく。
「ボク」のオカンが僕の「オカン」になるのは、必然だった。人目を気にする車内で、僕は感情がこみ上げてくるのを何度も抑えていた。「ボク」と僕は密接にリンクしていった。
作品も終盤に差し掛かってきたので、寝床に就いて続きを読んでいると、僕の意識は照準を絞り込んでいった。時間が経つのをとおに忘れていて、気がつくと涙が溢れている。

五月にある人は言った。
「ポォズをとりすぎる人間ほど、その奥底は儚く脆い」

寒くなりかけている11月初め、僕は、とても素晴らしい作品に会うことができた。
| 雑組 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(1) |
デジカメ→gone
OLYMPUS CAMEDIA μ-15DIGITAL ピクトブリッジ対応
OLYMPUS CAMEDIA μ-15DIGITAL ピクトブリッジ対応

ゆーさくさんと、Radiofreakさんにあやかって…。

*************************************

酩酊の後、雨に打たれて八王子から帰った。
阿佐ヶ谷あたりで、カメラを弄んでいた。
中野…
駅を出て、家路に着く。
ふと気がつくと、デジカメがない。

濡れた私は悲哀のどん底に沈んだ。

10/16 0:03中野駅着 中央線各駅停車東京行き
デジカメは消え去った。

中央線界隈に発令を出した。

見つけた人、返してくれ。
本体は良いから思い出を返してくれ。

そんな叫びも雨の中に消ゆ。

それからというもの、金物という金物は全て、デジカメに見える。
| 雑組 | 23:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
Oh dear, what can i do?
Bridge Over Troubled Water
Bridge Over Troubled Water

俺のこの気持ちを裏付けるものが何ものもない。全て道化の名の下に隠れてしまいそうだ。

午前中、俺は全くのNo Functionだった。ただ横で小さな補足をぼそぼそとしゃべっているだけだった。
日も暮れて、重大な失策を指摘された。俺に打ち付けられたのは大きな杭だった。俺の先走る気持ちが、そんなことにも気づかないなんて。小さな失敗も積もれば山となるだろう。そんな1のエラーは100のファインプレーを殺す。スコアは19-21…、いや18-22かもしれない。この三日は防御一辺倒の日々かもしれない。
だが、ビビッてもいられないのだ。俺はその失策を全て回収しながら尚、前進する必要がある。
幸運なことに、俺はまだ見棄てられていないらしい。だからこそ、俺は後戻りしながら進んでいく。
然るべき時に、攻勢をかける。

############
確かに俺は笑っていた。しかし、決して笑っていなかった。この悔しさを押し殺すための所作だったんだ。
| 雑組 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
Heart of Gold
Harvest
Harvest

まだ、プランスパイクの状況であるとお互いのコンセンサスを取ったお茶の水界隈。バランタインとジムビームのロック、日本酒。水道橋まで歩き、別れる二人。
カウンターワラントの実体がよく分からない。自分のフィロソフィーに少なからぬ根拠を付け加えた10時過ぎ。深さより広さを求めたい。
この杯達は俺を饒舌にする。強引な提案をされた俺はどうすればいいか。全ては酒が流してくれるさ。黄金時代を回想しながら笑い合う、そんな素敵な時間!

感謝!
| 雑組 | 00:57 | comments(0) | trackbacks(1) |
Hello World
Halo halo halo...............................

終わりのない迷路、
迷走、
瞑想

The world is treating me bad, misery.........
| 雑組 | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
No Goal
日曜出勤、フォー!

ゴールの見えないマラソン大会…

以上
| 雑組 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>