CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
今夜、すベてのバーで (講談社文庫)
今夜、すベてのバーで (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
中島 らも
アルコール中毒と診断された小島容の入院から退院までの話。
小島容の刹那的な思想と現実への冷ややかな視線を通し、身の回りの出来事を観察する。限りなくノンフィクションに近いフィクションであり、これ以後の彼の作品、エッセイのコアとなる作品である。書評ではない。お薦めだ!
とにかく、一読されたい。
MOBILE
qrcode
<< for the Summer People | main | ぼくたちの好きな戦争 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
fot the Beautiful People
美しい人々だった。彼らと過ごした日々――それは日々というには少ないものだったが、は私の夏を彩る貴重な一頁を確かに刻んでくれた。
何よりも私にとってこれほど多様な国から来た人々と交流することは初めてだった。浅草でGrungeが引き連れる彼らを見た時、違和感を覚えたことを鮮烈に覚えている。違う人間、異邦人たち、私は恐れをなしていたのだ。
だが、そんな恐怖も彼らと話すことですぐに氷解していった。そしてそれは外国人との付き合いではなく、人間の付き合いに進展していった。拙い英語も、もはや気にならぬほど、私はその空間を好きになることができた。異国間のギャップを話すことも面白かったし、GrungeとArsenyの馬鹿話に耳を傾けているのも一興だった。
だからこそ、
Debbieが日本から去るとき、寂寞を感じた。
Arsenyが日本から去るとき、一筋の涙が私の頬を過ぎった。
京都から帰ってくるJostを新宿まで送ったときも寂寥が私を包んだ。
全てがImpressiveだった。
もう少しでルーティンの螺旋へ足を踏み入れようとしていた矢先に、この機会は想像もしなかった刺戟を与えてくれたのだった。
とはいえ、このような特別な機会を得ることができたのはGrungeや棟梁のお陰であるとしか言いようがないだろう。率直に彼らに感謝したい。
この三日は間違いなく三日以上の価値を私に与えてくれた。
ありがとう、Summer School.
| 雑組 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:12 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://spiritualizing.jugem.cc/trackback/40
トラックバック